七夕祭り 2007年7月5日(木)〜7月8日(日)




7月5日(木)〜8日(日)までの4日間にわたり平塚市主催の弟57回平塚七夕祭が開催されました。平塚の七夕祭りは、戦後の商業復興を願って昭和26年からはじめられました。
毎年日本全国で七夕祭りは開催されていますが、平塚の七夕祭りの竹飾りの豪華さは、日本一といわれています。
期間中は天候にも恵まれ、パレード等各種催物がくりひろげられ、今年も盛り上がったお祭となりました。

 
 

   

昼間は、イベントなどもあり、多くの人達を楽しませてくれたお祭り。
夕方から夜にかけての様子です。
あちらこちらで照明が点灯し、夜の七夕祭りの始まりです。
  いっきに暗くなり照明が映えはじめると、昼間とはまた違う幻想的な世界が広がります。   照明できれいに光り輝く飾りの下を沢山の人が見上げながら通ります。

   

沢山の露店がならびます。ここはおいしい!という噂があるのか、同じようなお店が何件もあるにもかかわらず、行列を作るお店などもありました。   今年は、たこ焼き、お好み焼き屋、じゃがバター、焼鳥のお店などが目立ちました。
これらを食べながら、ビール片手に・・いいですね!
  ガラスの器に入った水あめつきのすもも。夏菓子らしくて涼しげでいいですね。
この他、杏飴、りんご飴など、お祭でないとなかなか食べられないようなお菓子を片手に親しい人達と楽しそうにしている姿を多くみかけました。

   

お祭りで必ずみかける金魚すくい。

ここでとった金魚は家の水槽の中に持ち帰り、楽しかった夏の思い出として残るのですね!
  夏といえば、お化け屋敷ですね。
こういうときでないとなかなか体験できないお化け屋敷。とくに喜ぶのは子供達!
手作りのお化け屋敷という感じが伝わりほほえまくもありました。なかではどんな世界が待っていたのでしょうか!?
  通りの中央付近に登場した大きなティラノサウルス。近くに寄ると指の動きや口の動き、目が開いたり閉じたりする様子がわかります。電動なので雨だと動かないとのこと。

   

広場に飾られていた、短冊類です。大きなカメラと大きな三脚でいい角度から良い写真をとシャッターをきっている人を多くみかけました。   左写真広場の下に飾られていた願いごと短冊です。色々な小学校や幼稚園生徒達の願いごとなどが飾られていました。
とてもほほえましいものです。
 

通りでは、七夕祈願で願いがかなうとされた短冊が売られていました。
様々な人達の様々な思いがその短冊にはこめられていました。

毎年開催されている平塚七夕祭りも今回が57回目にあたりました。
今年は7月7日の夕方から夜にかけての暗い時間帯での取材でした。
夜は想像通りライトアップされてとてもきれいでした。戦後の復興を願って始まった商店街のお祭ではありましたが、毎年300万もの人が集まる有名なお祭りにまで発展された「平塚の七夕祭り」は、すごいといしかいいようがありません!



 サイトマップ | みんなの広場(おすすめのお店)

当社運営メニューサイト とれたて湘南 湘南セールスプロモーション 
Copyright (C) 2006 Shonan Sales Promotion All rights reserved.